リタイヤからの出発

旅の写真や、田舎暮らしの様子などを、書いていきます。
<< 石鎚山 石鎚神社 | main | 日帰りバスツアー岐阜県 >>
2019.4.8日 奈良の桜

 この前の日帰りバスツアー(4月2日)で、本命の桜が咲いてないばかりか、大雨でバスから出られず涙を飲んだ「本郷の桜」(通称又兵衛桜)」にギャルを留守番に頼み早起きして行って来た。

 又兵衛桜の駐車場の近くにある「地蔵桜」樹齢は不明?

 ↑「地蔵桜」

 早起きした割には、現場について見ると近くの駐車場は満杯でアマチアカメラマンが三脚をずらりと並べているが何かを待っていた(笑)おいらが着いた時には太陽が真上近くに来ていた(笑)今日は見事に咲いていて人もいっぱいだが満足の近場の花見になりました。

 これが満開の「本郷の滝桜」(通称・又兵衛桜)

 

 大阪夏の陣で活躍した戦国武将後藤又兵衛が当地へ落ち延び、僧侶となって一生を終えたという伝説が残り、この垂れ桜が残る地も、後藤家の屋敷跡にあることから地元では「又兵衛桜」と呼ばれて親しまれている。

 一本桜ならそのままにして欲しいところだが、それは身勝手と言うところか?敷地内には濃い赤やソメイヨシノらしき桜が所狭しと植わっていて、その中には木蓮も見頃を迎えていたので一枚記念に!

 ↓佛隆寺の千年桜・まだツボミかたしで一週間ほど早いと思われるので「一年一度の桜のお祭り」なので、来週来れたら再チャレンジ!

 いやはや立派な幹回りでしょ!咲いたら「どんだけ〜!」

 ↓西光寺の「城之山桜」

 室生寺の西、小高い山の中腹に建つ小寺、西光寺。この寺のシダレザクラは、樹齢およそ300年で「城之山桜」と呼ばれる。

隠れたお花見スポットとして、地元の人やプロのカメラマンに人気が高いそうだ。

 

 樹姿と言い、花色といい素晴らしいシダレ桜だ!(駐車場は無いがね)

 ↓大野寺

 大野寺は、奈良県宇陀市室生大野にある真言宗室生寺派の寺院である。山号は楊柳山、本尊は弥勒菩薩、開基は役小角と伝える。室生寺の西の大門に位置する。宇陀川岸の自然岩に刻まれた彌勒磨崖仏があることで知られ、枝垂桜の名所としても知られる。役行者霊蹟札所。(ウィキペディアより)

 境内のシダレ桜(小糸枝垂桜、樹齢300年)

 二本ともかなり枯れかけてました。

 彌勒磨崖仏(岩肌の白い部分)

 宇陀川

 

 ↑極楽寺のシダレ桜(真下から見た迫力の桜)

 駐車場が無いのでお寺の下の僧侶専用の場所の隅っこにそっとヨロヨロ号を止めさせてもらい(集落の入り口に大きな公園があったのでそこに止めて歩けば良かったのですが!)25分か3分咲きという感じの状態でしたが小さな無住のお寺にしては風格があり素晴らしい桜でした。

 下の道路から見たら力強く迫り出した感じで満開になればどれだけ迫力があるだろうか!奈良県宇陀市を半日程で5ヶ所の一本桜を見物できました。近場でこれだけの素晴らしい一本桜がある宇陀市、奈良県にはまだまだ知られていない一本桜はたくさんあると思いますが体力気力があるうちは毎年少しずつ探検したいと思う。

 

 

| しげ爺 | - | 13:15 | - | - | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 13:15 | - | - | pookmark |
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
+ SPONSORED LINKS
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE