リタイヤからの出発

旅の写真や、田舎暮らしの様子などを、書いていきます。
<< 末広がり! | main | 日高の道の駅 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
「秋の白川郷」と「おわら風の盆」に行って来た!

 白川郷で高速を降り、雨に煙る白川郷に寄り道 こんな日だからか?日本人は少なく外国人の若い女性がが多かった。

 大阪は晴れてたのに「大雨洪水注意報」が出てる北陸に向かって走る。しかしポツリとでも雨が降ると「おわら風の盆」は

高価な楽器と特に男の代々引き継がれた正絹の法被が濡れると困るので町流しは中止だそうなので白川郷で様子見の時間つぶし

をすることになった。

 前に来た時より随分どの屋根も傷んだようで容赦のない月日の移ろいを感じてしまう。

 五箇山「菅沼合掌作り集落」

 五箇山「菅沼合掌作り集落」

明日からのおわらのために練習する若者と地方の人々!(今町)

 山の傾斜に石を積み上げて細長く形成された坂の町「八尾」は、石畳の道と、白壁と格子戸の町並みが特徴です。

(石垣が美しい夜の八尾の石垣の街)

 明日の15時から、いよいよ「おわら風の盆」の始まりですが、今はまだ小雨が降ってます。

3日間のヨロヨロホテル開業地・雨模様で先行き不安な「風の盆」の出だしだが、例年3日間晴れの日は稀だそうです!

観光客用に15時から17時まで町流しがあり19時までの休憩を挟んで夜の部は12時まで町中は

ノンビリ歩けない程の観光客で盛り上がる。

 夕方町まで出掛けて来たが雨ですよ!仕方なくヨロヨロホテルに戻って夜中まで雨待ちです!

(諏訪町は「日本の道百選」に選ばれている美しい街並みです)

 ずっと一度は行って見たいと思いながら釣りを優先していて行けなかったが今年から「ヤンベツ」の

シャケ釣りが禁漁になったことで、富山の盆踊り「おわら風の盆」に思い切って来ることができた。

しかし夜半からの豪雨で、この三日間どうなりますか?

 

 昨日は雨の中での駐車場探しで走り回ったが、(前もって放浪友達からおおよその場所は聞いていたが

なかなか見つけるのが大変だった。でもありがたいことに先客の皆さん快く仲間に迎えいれてくれたので

無料で雨さえ上がれば3日間楽しめそうだ。後ろ前方が北アルプスを眺められる絶好の駐車場

 1日目2日目と観光客用に昼間の3時から始まるが、通ぶって夜の部の始まる7時に合わせて山を降りる。

その途中で八尾(やつお)の街の見事な夕焼けに出会った!

 おわら風の盆、町流しの近辺は人だらけで前の方に割り込めません!見物も慣れて来ないと人の頭を見るだけで

終わってしまいそうです(笑)

 石畳みで古い街並みが雰囲気があり一番人気の「諏訪町」の石畳の上の座って皆さんとずっと待ってたが見たが

待てども待てども来る様子がない、通らしき人が来て「ここでいくら待ってもここまでは来ない」とのことで1時間ほど

無駄な時間を過ごして皆さんと一緒に撤収!よその町内をぶらつく!(上・諏訪町の街流しの様子)

 深夜になって観光客が帰った後に始まるのが本来の「おわら」だそうで、上手なOGの人たちのグループで、

今回知り合いの知り合いで、色々「おわら」の楽しみかたを教わった故宮奏者の佐藤さんの所属するグルーブ!

(3日間深夜の追っかけをした!)佐藤さん達がこれから町流しに出発する直前!

 街流しが始まる前は、こんな感じの静かな街並み!

少し離れたところで思わず踊り出したという感じの人の姿が時々見られた!

 一番大きな通りの上新町では、22時から観光客も交えて「大輪踊り」が毎日行われた!

おいら達は歩き疲れてふらふらなので踊らないがね(笑)

 輪踊りが終わったら観光客がゾロゾロ帰り、かなり静かにおわらを楽しむことができるようになる!

 2日目は昨日の失敗を取り返すために、昼間から出かける(諏訪町の街並みが美しい)

 東新町この町内だけ早乙女の衣装を着た少女がいて可愛いこと!

 東町の男踊り!

 男の衣装は特に先祖から伝えらた正絹の法被で豪華なだけに少しでも雨が降ると外では踊らないそうです!

 家の前にはその家の行為で床几を置き自由に座らせてくれたる。

 西新町このおっちゃんの口説きが一番好きになった!

 西新町の女踊り(男女の踊りは繊細かつ優美で定評があり見応えあり)

 昔から河川の氾濫により石垣を積んでそに上に街を作ったようで、今ではおわら名物の一つになっている石垣!

 今町「聞今寺」本堂での「おわら」境内では観光客も一緒に踊っていた!

 深夜、三味と故宮と音頭取りの3人で家の前で風流な流しに聞き惚れる!

 かつて花街として賑わった鏡町の艶やかな踊りを、大勢の人と2時間前から階段に座って待ってみる!

 艶やかな芸妓踊りは一見の価値あり!

 階段に座る観客を見上げて見た!(おたや階段)

 下新町の男踊り!(朱色を基調にした女性の浴衣が特徴らしい)

 今町の輪踊り

 諏訪町で1時間以上前から場所取りをして街流しが来るのを待つ!

 諏訪町・深夜の街流し!

 

 遠くのお囃子を聴きながら楽しそうに踊るOGらしき女性!

 深夜 三味線と故宮の二人が街流しをしてたのが胸にキュンとして最高の時間だった!

3日目が本来の地元の人のための「おわら」だそうで、深夜から朝まで街流しがあり見応えがある

そうだが、あいにく大型台風21号が大阪直撃との情報があり、家の前の植木鉢を入れてなかったので

2時に街流しを切り上げ大急ぎで大阪に帰ることになった。

 

 連日の深夜までの祭り見物で寝不足のまま、高速を少し無理して走り台風の来る前に帰りつくことが出来た!

近所で少し瓦が飛んだとか被害は少しあったが、我が家はいつもの雨漏りがあった程度で今回も無事やり過ごしました。

来年行くとしたら、3日目の19時から朝までがベストかな?3日間通しで観るには体力が持たない気がする!

 

 

 

 

| しげ爺 | - | 16:38 | - | - | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 16:38 | - | - | pookmark |
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
+ SPONSORED LINKS
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE